代表理事挨拶

 東日本大震災や阪神・淡路大震災など度重なる災害は、尊い人命と財産を失っただけでなく、生き残った人々に今なお多くの苦難と深い傷跡を残しています。今日日本に住む私たちは、巨大地震や津波、巨大化する台風、これまではあまり経験しなかった竜巻など、様々な自然災害が発生する危機に直面しています。

 私自身が被災者として阪神・淡路大震災を経験しました。以降、その経験を活かし数多くの被災地にボランティアとして支援に入りました。東日本大震災や常総市の洪水災害、そして熊本地震でも現地で活動しました。しかし、支援に入る度に過去の悲惨な体験から得たはずの教訓が一つも活かされていないということに言葉を失い、また無力感に打ちひしがれてきました。

 わが国は、度重なる災害の経験から建物等のハード分野の防災対策は非常に高いレベルにあります。しかし、残念ながら肝心の「人の命」を軸にした総合的かつ体系的な防災教育対が存在していません。私たちは、被災の教訓が活かされない一番の理由が「防災教育の不在にある」とボランティア活動を通して確信するに至りました。

 多くの人々が防災対策の必要性を認識しているにもかかわらず、「何をすればよいのかわからない」、「忙しさにかまけて結局何もしていない」のではないでしょうか。
 被災地に暮らす人であっても、時間が経つにつれて防災意識は徐々に薄れていき、やがては被災の記憶が忘れ去られていきます。


 「防災意識が日常生活に溶け込み、いつ災害が発生しても発災の瞬間を生き残れるように、科学的知見に基づく防災知識を普及させること」、私たちの活動の原点はまさにここにあります。発災の瞬間を生き残ることは、すべての日本国民に与えられた「人権」を守ることでもあります。

 私たちが推進する防災教育にご理解いただき、一緒にご参画いただければ幸いです。

 

一般社団法人 日本防災教育振興中央会

代表理事 仲西 宏之

Top