GREETING
代表理事挨拶

代表理事
仲西 宏之

一般社団法人日本防災振興中央会の代表理事 仲西宏之です。

私達、日本列島に暮らす人々は古来より常に発生する自然災害の中で 真摯に向き合い、助け合い、励まし合って、世界でも稀な日本人気質が育まれて参りました。それは 家族は言うに及ばず、他者への「おもいやり」を持った秩序ある社会を形成しておりました。
自然災害で被災された方々の大多数の方は 秩序ある思いやりのある行動を取られる反面、行政の方々に不満をぶつけ、自我を押し通す光景も同時に見受けられます。阪神淡路の大震災を経験した私には 少しづつ世の中が変わりつつあり、昨今の被災地を訪れるたびに将来が不安になります。
現在、思いを同じくする私達の周りの多くの人達に支えられながら一般社団法人日本防災教育振興中央会は運営されてますが、この活動に一人でも多くの方々に共感し参加して頂く事を心から希望しております。

具体的には 多くの防災に携わる人材を育成し防災の産業化に向け活動して参ります。現在の防災は啓蒙活動や行政の備えだけでは不十分で、社会システムの中に組み込む必要性があり産業化されなければ実のある防災ではありません。
その証拠として、毎年災害は繰り返し発生しているにも関わらず「まさか自分が、まさか自分達の町がこんな事になるなんて」と言う被災者からの声をよく耳に致します。しかし、原因等を調べれば、日本列島ではどこで起きてもおかしくない地震はさておき、大雨による 河川の氾濫や土砂災害、台風による風水害等は事前の正しい知識や備えがあればある程度は予測可能であり、減災に繋がります。少なくとも尊い人命を自然災害の脅威から守る事ができます。それが 私達が進めている防災教育です。
行政に頼り切るのでは 自分や家族の命は守れません。自分達の命は自分達で守る地域のコミュニティを再構築し、必ず近い将来起こる災害に備えた「おもいやり」社会の実現に向け皆様のご協力を下に 一つ一つの事業を発展させ、私達一般社団法人日本防災教育振興中央会は日本の安全社会に寄与する事をお誓い致します。